神戸

2008年6月10日 (火)

偶然について考える

先週、京都より、幼ななじみの季子遊びに来る。としこの要望で、海岸通りのE.Hバンクでランチ。元銀行の建物を改装したお店。しゃれおつですね。

15gaikan

その後、中華街の南京町を通って、栄町で雑貨屋めぐり。

EIN(アイン)でうさぎのアルバム買う。このお店、がおかにもあるんですね。

Dsc07360

ここから、偶然の話。モンプリュでケーキを食べて、海に向かって、ふたりで歩いていると…なんと、高校バスケ部のチームメイト・カナコと遭遇! お互いきゃー!と絶叫。

なぜって、カナは、高校卒業と同時に渡米し、医者を目指して、アメリカの大学をふたつも卒業して、最後に会ったのは、2、3年前のお正月に、彼氏を連れて一時帰国してたとき。ここ数年は、まったく音信不通でした。今は、その彼氏のアンドリューと結婚して、サンフランシスコで研修医してるって!! 

通りすがりや、電車やお店で知り合いに偶然会うって、東京では、けっこうよくありました。でも、まさかアメリカに住んでるカナに神戸で会うとは…!

そうじをしたり、いらないものを捨てたり、身の周りの空気の流れがよくなるという話がありますが、その日の朝、なんとなく気分が乗って、まさに窓ガラスを磨いた私! 身のまわりを整頓したり、ぴかぴかにしておくと、きっと自分の五感も整理されて、すれ違った知り合いに気づけたり、good newsを拾えたりするのでしょう。

みりんださん、ライブの翌日、jay chou にも、表参道の交差点で会ったもんね!!!(あのとき会社の窓ガラス磨いてたっけ?(笑)?)

身近なハッピーに気づけること、自分がラッキーなnewsを運べる人間になること、そのためにも、苦手な片付けがんばりま~す(笑)

| コメント (3)