学校

2009年7月 6日 (月)

我が母校~

高校時代のバスケ部のOG会がありました。はるばる小田急に乗り、神奈中に乗ると、こんなに広大な自然が広がっています!

Cimg0610_4

こちら、鴨池。ガリバー池?どっちが通称だったかな…この周りを含む大学キャンパスをぐるりと一周するのが“外周”というメニューで、1.1㎞を、3分20秒切で走るというのが嫌なメニューでした・・・部活の話ね!

こちらは体育館。我々のころは、床が緑で、夏合宿も校舎に布団借りて泊まりこんだので、緑の床の夢でうなされました・・・隣にバレー部がいないと、横向きに(超長い)で四つ切(シャトルラン)走るんだよ!でも、合宿最終日に、夜練終わって、汗だくの練習着のまま、みんなで、プールに飛び込んだのは最高に気持ちよかった!次プール入る人にとっては、キタナイけど・・・これも部活の話ね!

Cimg0613

そんな尋常じゃないきつさで、走らされすぎて過呼吸になった経験多数の女子バスケ部でしたが、いい思い出。

現役の高校生たちが手作りで、お茶会してくれました。かわいい!!この裏紙にお菓子出すという感覚懐かしいです。

Cimg0618

先輩たちもとても素敵な人ばかりで、なかでも明石詩子さんは、高校生のときから、ジャズがうまくてうまくて、文化祭などでひっぱりだこでしたが(今考えるとかなり大人っぽい)今でも歌い続けていました!CDくれたよ!いい歌声だ~

あとルーズソックスは、時代の遺物のようです。全員紺ハイソでした。っていうか、高一って、14個下なんだよな~うちらの半分しか生きてないんだ~っていうか、先生との方が歳近いね。と気付いて驚愕!!

久しぶりに見ると、ほんとにきれいな校舎でした。かなり遠かったけど、通えて幸せ。こんなのんびりしたところで、10代を過ごしたら、絶対いい子が育つ!と、みんなでお互いに誉めたたえあいながら、帰路につきました。

Cimg0625

Cimg0627

Cimg0626

Cimg0631_2

急患が入って、昼間学校に来られなかったおぐ(医者になったのね~もうひとり同期アメリカで医者になったコがいます。同じだけ、部活してたはずなんだけどな・・・賢さが違うっちゃ!)と横浜で合流して、後輩たちと終電までおしゃべりしました。遠くてなかなか行かれないけど、いい学校に通わせてもらったと親に感謝です。

| コメント (4)

2009年6月29日 (月)

雨月物語

働いているときに、たくさん疑問があったので、4月から映画の学校に通っています。学校の先生にも、現場と学校を数年単位で行き来しているという方もいて、やっぱり大学だけでは学びきれないことも多いし(っていうか、あんなに楽しい所では、学ぶモチベーションは低いし)、働いている時は、目の前のことで精いっぱいなので、数年をとって、大きな枠組みとか、理論的なものを学んで、また実践で応用していくという働き方は面白いと思うのですが、まだまだ一般的ではないかな? どうでしょう。しかし、よっぽど優秀じゃないと、再び働きたいと思っても帰る場所がないというリスクが伴いますね。

今、シナリオ分析という授業のレポート作成中ですが、かなり行き詰まり・・・現実逃避してます。原作ありの映画をドラマツルギー的に分析せよというのが課題です。ドラマトゥルギー・・・?????

私が選んだのは、溝口健二監督『雨月物語』です。京マチ子が、蛇女役ですが、まさしく妖怪で怖すぎます。

上田秋成の『雨月物語』もさらっと読みましたが、「世にも奇妙な物語」ですね。いつの世も人の欲やら、浮ついた気持ちが、妖怪のようなものを引き寄せてしまうのでした。ちゃんちゃん。あー課題に戻ろう。

蛇足ですが、上田秋成の『雨月物語』は短編集で、そのなかの「浅茅が宿」と「蛇性の婬」というお話がミクスチャーされて、それにモーパッサンの短編「勲章」のエッセンスが加わったのが、映画の『雨月物語』です。

このあいだ久しぶりに、黒澤明監督『羅生門』を見て、「この話って『羅生門』じゃなくない?『羅生門』てば、おばあさんが、死体の髪の毛を抜く話でしょう」と重ちにメールしたらすかさず「これは『藪の中』ですから」、とご返信いただいて満足でした。あの時代って、同じ作者の違う話を、ちょっとだけ混ぜるっていうのが流行ってたのかしら。

さらに余談ですが、そのあとさらに、「『藪の中』といえば、数年前(調べたら12年前だった!)、天海祐希で映画化されてたよね?」と聞いたら「それは『MISTY』で、しかも宝塚退団直後で、小さい事務所だったので裸になってた」との情報をいただきました。博識感謝&天海祐希ますます気になるね!

| コメント (4)